雑記

カードローンで金利が安いのは?種類別に徹底比較

更新日:


カードローンには様々な種類があり、もちろんそれぞれ金利が異なります。

カードローンに契約する際に、「少しでも金利の安いカードローンを利用したい」と考える方のために、今回は各種カードローンの金利を徹底比較していきます。

スポンサーリンク

カードローンには種類がある

カードローンには大きく分けて「銀行系」「消費者金融系」「信販系」と3種類あります。

それぞれ金利が異なるのはもちろんのこと、特徴が異なりますので、まずは簡単にその特徴についてまとめます。

銀行系カードローン

銀行系カードローンとは、三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行、三井住友銀行などのように、各金融機関が提供するカードローンです。

地方銀行でも取り扱っており、知名度が高く、安心感があることから利用する方が多いです。

現在では、店舗を持たないネット銀行(住信SBIネット銀行や楽天銀行など)でもカードローンを提供しています。

その他のカードローンと比べて利用できるまでに時間がかかるといった面もありますが、借入の限度額が大きくなっているのが特徴です。

消費者金融系カードローン

消費者金融系カードローンとは、アコムやプロミス、アイフルなどの消費者金融が提供しているカードローンです。

銀行系カードローンと違い、カードの発行までの期間が短く最短即日で利用できるものもあります。

無利息サービスなども行っており、利用者に対するサービスが充実しているのも特徴です。

ですが、総量規制により年収の三分の一を超える金額を借入することは出来ません。

信販系カードローン

信販系カードローンとは、クレジットカード会社が提供しているカードローンになります。

クレジットカードとカードローンの違いは主に、ショッピング枠の有無になります。

カードローンにはショッピング枠がありませんので、お店での利用やネットでのオンライン決済には使用できません。

信販系カードローンの特徴は、信販会社によって金利や限度額が大きくなる点です。

また、消費者金融系カードローンと同様に総量規制により、借入できるのは年収の三分の一までとなっております。

各種カードローンの金利水準

次に、今回の一番のポイントである各種カードローンの金利について比較していきます。

各社の金利比較

各社の金利と限度額は以下の通りになっています。

・銀行系カードローン

銀行名 金利 限度額
みずほ銀行カードローン  エグゼクティブプラン 3.0~7.0% 200~1,000万円
みずほ銀行カードローン  コンフォートプラン 2.0~14.0% 10~800万円
三井住友銀行カードローン 4.0~14.5% 10~800万円
三菱東京UFJ銀行カードローン 1.8~14.6% 10~500万円
りそなクイックカードローン 9.0~12.475% 10~200万円
りそなプレミアムカードローン 3.5~12.475% 10~800万円
ソニー銀行のカードローン 2.5~13.8% 10~800万円
楽天銀行スーパーローン 1.9~14.5% 10~800万円
イオン銀行カードローン 3.8~13.8% 10~800万円
三井住友銀行カードローン 4.0~14.5% 10~800万円
セブン銀行カードローンサービス 14~15% 10~100万円
住信SBIネット銀行MR.カードローン(スタンダードコース) 8.99~14.79% 10~300万円
住信SBIネット銀行MR.カードローン(プレミアムコース) 1.59~7.99% 10~1,200万円

・消費者金融系カードローン

消費者金融名 金利 限度額
アコム 3.0%~18.0% 800万円
プロミス 4.5%~17.8% 500万円
アイフル 4.5%~18.0% 500万円
SMBCモビット 3.0%~18.0% 800万円

・信販系カードローン

信販会社名 金利 限度額
三井住友カード  ゴールドローン 3.5~9.8% 700万円
オリックスクレジット  VIPローンカード 3.0~16.8% 800万円
オリコ  CREST 4.5~18.0% 500万円
三菱UFJニコス  ローンカード 6.0~17.6% 500万円
セディナ  フォーライフ 8.0~18.0% 200万円
クレディセゾン  マネーカード 15.0% 100万円

どうやって金利はきまるの?

上記の表を見ていただくと、金利が◯◯%~◯◯%のように固定ではないことがわかります。借入をする際に、金利がこの範囲内で決定されるのですが、その基準となるのは主に以下の項目となります。

  • 借入限度額
  • 利用者の信用度

借入限度額に関しては、借入限度額が多くなるほど、金利が安くなります。

例として楽天銀行スーパーローンは以下のようになっています。

ご利用限度額 お借入利率
800万円 1.9%~4.5%
600万円以上800万未満 3.0%~7.8%
500万円以上600万未満 4.5%~7.8%
350万円以上500万円未満 4.9%~8.9%
300万円以上350万円未満 4.9%~12.5%
200万円以上300万円未満 6.9%~14.5%
100万円以上200万円未満 9.6%~14.5%
100万円未満 14.5%

次に、利用者の信用度に関してです。利用者の年収や職種や居住形態、さらには他社への借入状況や今までの返済で滞納していないかなどから総合的に見て、利用者に対して点数が付けられます。

年収が高い、安定した職種である、持ち家がある、他社への借入がない(少ない)、過去に滞納がない、などであれば点数は高くなり、これらの点数によって金利が安く設定されるのか上限近くに設定されるのかが決定します。

点数が高ければ高いほど、金利が安く設定される傾向があります

※上記の信用度が高い場合でも、初めての借入れの場合は金利が高めに設定されることがあります。しっかりと返済していくことで信用度が高まり、その後の借入では金利が安く設定されていきます。

カードローンには審査がある

カードローンを利用する際に、避けては通れないのが審査です。

審査を通過しなければ、カードローンを利用することは出来ません。

なぜ金利が安いと審査が厳しいの?

金利が安いものは審査が厳しい傾向にあります。

特に銀行系カードローンは金利が安い反面、審査が厳しいです。金利が安いほど、返済能力を重視する傾向にあります。

信用度が高い人であれば、安心して貸すことができますが、信用度が低い人であれば、貸し倒れの可能性もあり、金利を高く設定することになるのです。

申込時の注意事項

カードローンの申込時の注意事項として、申込時の情報(年収や他社の借入状況など)は正直に書くことです。

偽りの情報で申し込んとしても後々にばれてしまいます。

年収であれば、申込時の勤務先や勤続年数などからも推測出来ますし、他社の借入状況は共有されているのですぐに分かってしまいます。

偽りの情報で申し込んでいることが判明すれば、その金融業者内で虚偽の情報報告者として登録され、今後その業者から一切借入をすることが出来なくなります。

また、CICやJICCなどの信用情報機関にもその履歴が残ってしまいます。偽りの情報で申込をすることはとてもリスクが大きいのでやめておきましょう。

おすすめのカードローン

各種カードローンの特徴や金利について比較してきましたが、まだどのカードローンにするか決めきれない人も多いはず。

ここからは初めてカードローンを利用する人、審査に通りたい人におすすめのカードローンについて紹介していきます。

初めて借りる人におすすめ

初めてカードローンを利用する人には少額の借入ができる、以下の消費者金融系カードローンがおすすめです。

アコムのカードローン

金利 3.0%~18.0%
利用限度額 800万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間

審査時間・融資までの時間が短く、最短即日で利用できるカードローンです。契約日の翌日から30日間は無利息などのサービスもあり、初めてカードローンを利用する人でも利用しやすいです。

また、アコムは提携ATMが豊富で、コンビニなどでも不自由なく使うことができます。

プロミスのカードローン

金利 4.5%~17.8%
利用限度額 500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間

プロミスは上記の表の通り、アコムと大きく違いません。無利息は初回利用から30日間無利息となっており、アコム同様初めてカードローンを利用する人でも利用しやすくなっています。

また、プロミスは自社ATMでなくとも三井住友銀行のATMであれば手数料無料で借入することが出来ます。

審査を通りたい人におすすめ

次に、審査に落ちるのが不安な人や他のカードローンに落ちたという人のには、以下のカードローンがおすすめです。

モビットのカードローン

金利 年3.0%~年18.0%
利用限度額 800万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間

モビットは三井住友銀行グループに属しているのですが、審査は三井住友銀行と関与しているわけではなくモビット独自の審査を行っています。

また、モビットの特徴として、WEB完結サービスでは、電話確認による在籍確認が行われません

必要書類をメールに添付することで在籍確認を完了させることが出来ます。

アイフルのカードローン

金利 4.5%~18.0%
利用限度額 500万円
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間

アイフルは審査時の条件として、仕事:アルバイト・パートからOKとあります。

また、収入に関しても年収額などの指定はないので、定期的に収入を得ている人であれば、通る可能性があります。

また、学生や主婦不可などの制限もないので、審査に不安がある人は試してみる価値があります。

まとめ

以上、カードローン各社の特徴や金利について分析しました。

金利が安いカードローンを利用することに越したことはありませんが、その分審査が厳しくなっています。

また、審査に落ちてしまうと一定期間、信用情報機関に記録として残ってしまします。

そのため、まずは現在の自分の状況を把握し、用途に応じて自分に合ったカードローンを利用することが大切です。

スポンサーリンク

おすすめ無料ゲームアプリランキング

管理人おすすめの無料ゲームアプリランキングです。

無料なのでぜひインストールして遊んでみてください!

放置少女

三国志の世界観をモチーフにした様々な美少女キャラクターが登場!フルオートバトルで放置していてもどんどん成長していくので、隙間時間や片手間プレイに最適です。お気に入りのキャラをみつけて装備を強化しどんどん育成していきましょう!

三国BASSA!!

お気に入りの武将を武器や覚醒ボードでカスタマイズできる爽快バトルRPGです!敵を一撃でふっとばす爽快感は病みつきに!?大人気ゲームの三國無双を彷彿とさせます。リアルタイム対戦で全国のプレイヤーとも対戦でき、やりこみ要素も充実してます。

アイアン・スローン

領土を広げ、英雄を育て、偉大な王国を作り上げるリアルタイムMMO戦略ゲームです!超キレイなグラフィックと戦闘のドキドキ感は確実にハマります。フレンドと協力もできるのでぜひ友達と一緒に遊んでみてください!

-雑記

Copyright© ぱぷりかの雑記帳 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.