雑記

【菜の花マラソン】フルマラソンを初挑戦で完走した感想

更新日:


先日初めてフルマラソンに参加してきました。

場所は鹿児島。菜の花マラソン。

42.195km!

いやー、大変でしたね。

大変でしたが楽しくもあり、とても良い思い出になりました。

なのでその思い出を振り返ってみようと思います。

今後、挑戦する人は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

事前の練習

初めてフルマラソンに挑戦したわけですが、どれくらい練習したかというと、以下の記事にもあるように週2回程度…

「初めてのフルマラソンで完走するにはどれだけ練習すればいいのか」

しかも距離はあまり長くない。

さらに年明けから仕事やその他の予定が忙しく、一度も走らないままの挑戦となりました。

完全に練習不足ですね〜

菜の花マラソン当日

菜の花マラソン当日の様子を時系列に沿って振り返っていきます。

起床〜スタート前

指宿市内のホテルに泊まっていたため、朝6時起床。

大浴場へ行き、ひとっ風呂浴びて完全起床。

すっきりめがさめたところで、朝御飯を食べにいきました。

朝御飯がこれまた豪華で量がすごい。

普段、朝御飯は食べないのですが、マラソンのことなど気にせずに思いっきり食べましたね。

お腹ぱんぱんでした。

(マラソン当日の朝御飯はエネルギーになるものがよいらしいです。お米とか。)

朝御飯に大満足し、部屋に戻って支度をしいざ出発。

あ、ちなみに前日にゼッケンを受け取りに行った時に、会場の周りに売ってたこれを買いました。

その名も『完走セット』!!!

まぁこれさえあれば大丈夫ってわけではないですが、気休めというかノリというかなんか買ってみました。

ちなみに900円でした。意外とおトク???

そんなこんなして、レンタカーでスタート会場に到着しました。

体育館がランナー専用の荷物置きになっていたので、荷物置き、上着を脱ぎ、準備完了です。

このときついでになんとなくトイレにいったのですが、これが大正解でした。

理由は後ほど…

ストレッチを済まし、トラックを軽く2周ほど走りました。

前日にゼッケンを受け取りに行った時に、マラソンの講習?みたいなのを受けたのですが、ストレッチを優先的にするべき箇所は、肩甲骨と股関節らしいです。

ちなみに、スタート直前だと人が多すぎてストレッチすらできないほどの密度なので、事前に余裕を持ってしておきましょう。

スタート地点の様子。

スタート地点は事前に自己申請する予想タイム毎に決まるのですが、僕は5時間台予想でしたので、5〜6時間台のスタート地点に行きました。

このときはスタート前15分くらいです。

このあとからさらに人が続々とやってきます。

スタート〜10km

アナウンスのカウントダウンと共にいよいよスタート!!!

「よっしゃーーいくぞーーー」

って気持ちでしたが、動けません。

なんたって13000人もの参加者がいるので、先頭のほうにいる人達以外、すぐにはスタートできません。

進み始めるのに5分くらい待ちましたね。

少し待ってると、徐々に周りが進み始めたので、いよいよ本格的にスタート。

1〜10kmくらいは、後半瀕死にならないようにかなり抑えめでゆっくり走りました。

といっても、人が多すぎてなかなかペース上げることができないんですけどね。

こんな感じです。

2km地点には、沿道でバンドしてる方がいました。

曲名はわからなかったのですが、ノリノリな曲だったのでテンションも上がり、楽しくなってきました。

菜の花マラソンの良い所って、こういった市民の方々の応援なんですよね。

後々にも出てきますが、指宿全体がお祭りのような感じで、ランナーとして参加していない市民の方々も一体となって盛り上げているものなのだなと感じました。

11km〜20km

10kmを越えたあたりで、急にトイレにいきたくなりました。

沿道には、簡易トイレが定期的にあるんですけど、これまた列がすごい。

平気でどこも20〜30人並んでます。

10km地点で一回行きたくなってきたのですが、

「この列に並ぶくらいなら先に進みたい」

という気持ちがあり、我慢して走りました。

いま考えたら、アホだったなと思います。

ここでそんなタイムロス気にして意味あるのかと。

どうせ後で失速するんだから、急ぐ必要なかったなと思いました…

なので、皆さんトイレは事前にちゃんと行くことと、途中で行きたくなったら我慢せず行きましょう!

結局15km地点で我慢の限界がきて、並びました。だいたい15分くらいですかね。

また、10km過ぎたあたりからは、人が少しずつばらけてきたので、ペースを抑えるというよりも自分の気持ちいいペースで走りました。

12km地点の菜の花

菜の花が一面に咲いていて、ここで休憩している人も多く、とても心が安らぎました。

あと、忘れていましたが、給水ポイントは2.5kmごとにあります。

水とスポーツドリンクがあって、2回に1回(5kmごと)にとってました。

また、沿道には市民の方々が、お菓子やみかん、さつまいもを蒸したもの、バナナなどの差し入れを出してくださり、いろいろ頂きながら走ってました。

このときはまだ全然気持ち的にも体力的にも余裕でしたね。

21km〜30km

いよいよ中盤に差し掛かり、折り返し地点の21kmで時計を見ると、『11:45』

スタートから2時間45分でしたね。

このペースを維持できたらいいなーと思ってました。

 

 

しかし!!!

 

 

ついにやってきました体の異変。

24km地点で急激に腰と右膝が痛くなりだしました。

そして、歩きました…

菜の花マラソンってめちゃくちゃ上り坂と下り坂が多いんですけど、とても上り坂を走れる状況ではなくなりました。

やっぱり、筋力不足で腰や膝に負担がかかってしまったのだと思います。

ここからが地獄の始まりです…

気付けば、ふくらはぎも太もももパンパンになり、一気に苦しくてなってきました。

「なんで参加してしまったんだろう…」と考えたりもしました。

しかし絶対ゴールまで辿り着くという気持ちだけはあったので、上り坂はなるべく歩いて負担を減らし、後は走っての繰り返しで進んで行きました。

26km地点くらいに足湯があったので、3分ほどつかってきました。

身体が急激に回復することはなかったですが、すごい気持ち的にリラックスすることができました。

31km〜37km

いやーここが一番しんどかったですね。

腰、両ひざ、足の裏、ふくらはぎ、太もも、肩

全部痛いです。

しかも、歩きと走りを繰り返しているので、歩いてる間に筋肉が固まってしまって、いざ走るときに動かない。

はじめての経験でしたね。

前に進みたいのに、思うように体が動かない。

人生で一番自分の体を痛めつけてるなと思いながら、少しずつ進んで行きました。

しかも、菜の花マラソンのこの31km〜37kmはほんとに大変です。

31kmくらいに海沿いに出るのですが、町中を通って海沿いに出る曲がり角を曲がった瞬間飛び込んできた光景に絶望しました…

ここは半円を描いたようなコースになっているのですが、多分3km先くらいまで一気に見えます。

その先にめちゃくちゃ小さいランナー達がかすかに見えるのです。

「あそこまでいかないといけないのか」

なんかもう鬼畜過ぎて、笑ってしまいそうになりました。

そして36km地点からまた上り坂があったのですが、これまた傾斜がすごくほとんどの人が歩いてましたね…

最後にでっかい壁持ってきたなと思い、また鬼畜過ぎて笑いそうになりました。

(キツすぎて頭おかしくなってたのかもしれません。)

38km〜42km

37km地点の難関な坂をなんとか登りきり、あと5kmとなりました。

もうここらへんは死にものぐるいって感じたなので、全く写真撮ってないですね。

しかし、あと5kmって考えたらなんか急に元気が出てきました。

動かない体を無理やり動かしてみると、

「あれ?意外と走れる??」

ってなって飛ばしました。

多分今回のフルマラソンで最速のペースだったと思います。

 

 

2kmで力尽きました!!!!!

 

 

まぁ、そんな甘くないですよね。

でも39km地点で、おそらく家族でバンドを組んでZARDの「負けないで」を演奏している方々がいました。

すっごい泣きそうになりました。

なんかすごい応援されてるなーって感じて。

今までももちろんこの39kmまでも絶えることなく沿道で市民の方々が応援してくださりました。

ちっちゃい子どもからお年寄りの方まで。

本当に多くの人がから声援をもらいました。

そういうのがこの39km地点で一気に込み上げてきて、きわめつけの「負けないで」

そらもう泣きますよ!?

いや泣いてはないですけど!!

泣きながら走るの恥ずかしくて我慢しました。

残り1kmとなると、スタート地点が見えてきました。

沿道では、たくさんの人たちが待ち構えていて、応援だったりハイタッチだったり。

本当に力をもらいました。

最後の力を振り絞り、ついに

 

ゴーーーーーーーーール

 

タイムは5時間50分

前半の21kmが2時間45分だったので、後半は3時間5分というところでしょうか。

意外と後半落ちてないなと思いました。

まぁ、ゴールしたあとは一気に疲れや痛みがきてなかなかまともに歩くことができませんでした。

感想とまとめ

いやー長かった。辛かった。きつかった。

でも、それ以上にやってよかった、という達成感のほうが大きかったですね。

指宿の人達の温かさに触れることができましたし、なにより人としてひとまわり成長できた気がしました。

これから多少なりともつらいことがあっても、乗り切れる気がします。

反省点としては、やっぱり練習不足だったことですね。

今回感じたのは、フルマラソンを完走するには、体力よりも筋力と筋持久力が大切だなと感じました。

4時間切るなどタイムを気にする場合は別ですが。

筋肉がないといろいろなところに負担がかかって痛めてしまうと思います。

おかげさまで全身痛めた状態で走り切ることになりました。

周りのフルマラソン経験者の多くは、もう二度と参加したくないというひとが割と多いのですが、僕はそうは思いませんでしたね。

なんだかんだ楽しかったかなと。

でも、もし次いつか参加することがあれば、しっかりと練習しようと思います。

スポンサーリンク

おすすめ無料ゲームアプリランキング

管理人おすすめの無料ゲームアプリランキングです。

無料なのでぜひインストールして遊んでみてください!

放置少女

三国志の世界観をモチーフにした様々な美少女キャラクターが登場!フルオートバトルで放置していてもどんどん成長していくので、隙間時間や片手間プレイに最適です。お気に入りのキャラをみつけて装備を強化しどんどん育成していきましょう!

三国BASSA!!

お気に入りの武将を武器や覚醒ボードでカスタマイズできる爽快バトルRPGです!敵を一撃でふっとばす爽快感は病みつきに!?大人気ゲームの三國無双を彷彿とさせます。リアルタイム対戦で全国のプレイヤーとも対戦でき、やりこみ要素も充実してます。

アイアン・スローン

領土を広げ、英雄を育て、偉大な王国を作り上げるリアルタイムMMO戦略ゲームです!超キレイなグラフィックと戦闘のドキドキ感は確実にハマります。フレンドと協力もできるのでぜひ友達と一緒に遊んでみてください!

-雑記

Copyright© ぱぷりかの雑記帳 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.