雑記

ドスパラのノートパソコン(Altair F-13)を買ったのでレビュー

更新日:


今回はドスパラのノートパソコン「Altair(アルタイル)F-13」を買ったのでレビューしていきたいと思います。

ノートパソコンの購入に悩んでいる人は参考にしてみてください。

※感想だけ見たい人は目次から『3 Altair F-13を使ってみた感想』まで飛んでください。

 

スポンサーリンク

Altair F-13のスペック

まずはパソコンの購入を検討している人が最も気になるであろうスペックについて説明していきます。

基本スペック

OS Windows 10 Home
CPU インテル Core i5-7200U
メモリ 8GB
ディスプレイアダプター インテル HDグラフィックス620
ディスプレイ 13.3インチ フルHD
(1920 × 1080)
ストレージ 256GB SSD
サイズ 約327×220.6×19.6mm
重量 約1.35kg 
バッテリー駆動時間 約7.7時間

OS
OSはWindows 10 Homeが標準インストールされています。
購入してから自分でOSをインストールする必要がないためパソコンに詳しくない人でも安心です。

CPU
CPUはインテル Core i5-7200Uが採用されています。
Core i5であれば日常的な用途としては充分過ぎるほどなんですが、さらに第7世代となっています。

メモリ
メモリは8GB DDR3Lが搭載されています。
高負荷な処理にも耐えられる性能です。

ディスプレイ
ディスプレイは13.3インチのフルHDとなっています。
持ち運びやすいサイズのため外に持ち運ぶのにも便利です。
画面サイズはあまり大きくないですが、解像度が1920×1080となっているため、充分な情報を画面に表示することができます。

ストレージ
ストレージはSSDの256GBが搭載されています。
電源ボタンを押してログイン画面が表示されるまで10秒もかかりません。
容量が物足りない人は外付けのHDDを購入すると良いでしょう。

ディスプレイアダプター
ディスプレイアダプターはCPU内蔵タイプで、インテル HD620が搭載されています。
よほど凝った動画でなければ、動画編集もサクサクできます。

サイズ
サイズは約327×220.6×19.6mmとなっています。
標準的な13.3インチのノートパソコンと言えるでしょう。

重量
重量はバッテリー込で約1.35kgとなっています。
こちらも標準的な重量となっており、片手で楽々持てるほどなので持ち運びも容易にできます。

バッテリー駆動時間
バッテリー駆動時間は約7.7時間となっています。
電源オプションによって前後すると思いますが、外で使うにしても充分ではないでしょうか。
さらに長時間使用したいという人は充電用のバッテリーを持ち運びましょう。

 

他社製品との比較

同スペック帯の他社製品と比較してみましょう。
以下の条件でヒットしたものをまとめています。

  • Windows 10
  • 13~14インチ
  • フルHD (1920×1080)
  • Core i5 第7世代
  • メモリ8GB
  • SSD 256GB
メーカー 型名 金額
ASUS ZenBook UX310UQ UX310UQ-7200 ¥89,800
Dell Inspiron 13 5000 2 in 1 ¥93,938
Lenovo ThinkPad 13 20J1CTO1WW ¥107,222
東芝 dynabook RZ73/CW PRZ73CW-SND ¥111,240
パナソニック Let's note LX6 CF-LX6EDGQS ¥191,547

だいぶスペックを絞り込んだので該当しないメーカーもありますが、上記のようなモデルがドスパラのAltair F-13と同スペック帯になります。
ドスパラのAltair F-13は税込み「¥86,378」なので、同スペック帯の他社製品より値段が抑えられています。

 

Altair F-13を選んだ理由

次に僕がドスパラのAltair F-13を選んだ理由について説明していきます。

 

コスパが良い

まず一つ目にコスパが良いことです。

同スペック帯の他社製品との比較でわかると思うのですが、かなり安いと思います。

数年前からしたらこのスペックでこの価格帯ってのは考えられません。

各社の価格競争もあると思いますが、技術の進歩により高性能の各部品が低価格化している影響もあると思います。

10万円を切るので、少し頑張ってお金を貯めれば手が届くっていうのは嬉しいですよね。

実際に、今回ノートパソコンを購入するにあたって、予算があまりなかったので非常に助かりました。

 

即納で購入できる

続いて即納で購入できることです。

ドスパラはBTOメーカーであるので、基本は注文を受けてから生産となるのですが、人気のスペックモデルは在庫を持っているため、店舗に行けば即納で購入することができます

今回ノートパソコンを購入した理由が、以前使っていたノートパソコンが調子が悪くなったからです。

3年くらい使っていたのですが、フリーズする頻度が徐々に増え、チェックディスクをしても直りませんでした。

しまいには、OSが立ち上がらなくなってしまいました。

なので、店舗でその日うちに持って帰れるのは非常に助かりました。

店舗で以下のように取っ手付きの箱で受け取ることができます。

 

Altair F-13を使ってみた感想

それでは、実際にAltair F-13を使ってみたレビューをしていきたいと思います。

 

良い点

  • デザインがシンプルでかっこいい
  • 性能が良い

ボディ

 

ディスプレイ

 

キーボード

 

デザインはシルバーを基調とし、キーボード部分がブラックになっています。

いかにもビジネス用ノートパソコンって感じがして個人的にとても気に入ってます。

ボディはただのシルバーではなく、線が入っているタイプなので、高級感があります。

また、メーカーのロゴがないのも珍しいですよね。

少しさみしい感じもしますが、メーカーにこだわりがないのであれば特に問題はないでしょう。

 

性能に関してなのですが、やはりこの価格帯にしては素晴らしいものがあります。

ある程度の動画編集であればサクサクと快適に出来ます。

また、ブラウザを複数タブでそれぞれ動画を再生したり、同時にツールを実行しても全く問題ありません。

CGを使った動画編集やオンラインゲームを快適にしたいわけではないのであれば、充分過ぎる性能となっています。

 

あまり良くない点

実際にAltair F-13で文字を入力したり、操作したりして気になったことがいくつかあります。

  • Shiftキーが小さい
  • キーボードの縦幅が狭い
以下の写真は僕が普段仕事で使っているDellのXPS13のキーボードとの比較です。

左:Dell XPS13
右:ドスパラ Altair F-13

Altair F-13は左側のShiftキーが小さいため、間違えて隣の¥を押してしまうことがあります。

また、DellのXPS13と比べてみてもわかると思うのですが、キーボードの縦幅が若干狭く、各キーが横長になっています。

そのため、上下のキー打ち間違えをしていまうことがあります。

しかし、これらの問題は慣れれば気にならなくなると思います。

使い始めの最初はたまに打ち間違えていましたが(特にShiftキー)、僕の場合1週間ほど使っていれば全く気にならなくなりました。

打鍵感は割りとしっかりしている方ですが、違和感なく使える標準レベルだと思います。

 

まとめ

以上、Altair F-13についてのレビューでした。

パソコンって結構大きな買い物なので、悩む人が多いと思うのですが、少しでも参考になれば嬉しいです。

ちなみに、持ち運び用のケースはAmazonで購入しました。
サイズ感もばっちりでクッション性もあるのでおすすめです。

ノートパソコンを持ち運びたい人はケースも一緒に購入しておくと便利だと思います。

スポンサーリンク

おすすめ無料ゲームアプリランキング

管理人おすすめの無料ゲームアプリランキングです。

無料なのでぜひインストールして遊んでみてください!

放置少女

三国志の世界観をモチーフにした様々な美少女キャラクターが登場!フルオートバトルで放置していてもどんどん成長していくので、隙間時間や片手間プレイに最適です。お気に入りのキャラをみつけて装備を強化しどんどん育成していきましょう!

三国BASSA!!

お気に入りの武将を武器や覚醒ボードでカスタマイズできる爽快バトルRPGです!敵を一撃でふっとばす爽快感は病みつきに!?大人気ゲームの三國無双を彷彿とさせます。リアルタイム対戦で全国のプレイヤーとも対戦でき、やりこみ要素も充実してます。

アイアン・スローン

領土を広げ、英雄を育て、偉大な王国を作り上げるリアルタイムMMO戦略ゲームです!超キレイなグラフィックと戦闘のドキドキ感は確実にハマります。フレンドと協力もできるのでぜひ友達と一緒に遊んでみてください!

-雑記

Copyright© ぱぷりかの雑記帳 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.