システムエンジニア(SE)

システムエンジニア(SE)として働いてみてわかった5つのメリットとデメリット

更新日:

アイキャッチ画像

システムエンジニア(SE)などのIT系の仕事に関して、ブラックなイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。

システムエンジニア(SE)としての就職を考えている人でも、実際に働いてみるとどうなんだろうと不安を持つ人もいると思います。

そこで今回は、僕が実際にシステムエンジニア(SE)として働いてみてわかった5つのメリットとデメリットについて紹介します。

システムエンジニア(SE)としての就職を考えている人はぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

システムエンジニア(SE)のメリット

パソコンと働く人

システムエンジニア(SE)として働くことによるメリットは大きく分けて5つあります。

まずはそのメリットについて一つづつ詳しく紹介します。

パソコンに関する知識が身に付く

これは誰でも想像がつきますよね。

就業時間のほとんどがパソコンを使っている時間なので、嫌でもパソコンに関する知識はつきます。

(打ち合わせや会議などでパソコンを使わない日や時間もあります。)

身に付くパソコンの知識をおおまかに分けると以下のように分けることができます。

  • パソコンの操作に関する知識
  • パソコンの設定に関する知識
  • パソコンの作りに関する知識
  • ソフトやツールに関する知識

◆パソコンの操作に関する知識
パソコンを効率よく操作するための様々なマウス操作やショートカットキーなど

◆パソコンの設定に関する知識
ネットワーク関連の設定やプリンターなどのデバイス関連の設定など

◆パソコンの作りに関する知識
パソコンの構成やスペックなど

◆ソフトやツールに関する知識
システム開発関連のツール以外にもOffice製品やその他のソフトなど

普通の人が家庭でパソコンを使うだけでは学ぶことがない知識を得ることができ、自分が仕事以外でパソコンを使うときに生かすことができます

コミュニケーション能力が身に付く

システムエンジニア(SE)にとって重要なスキルの一つであるのがコミュニケーション能力です。

顧客との要件定義(どういったシステムにするのかの打ち合わせ)では、顧客の要望をしっかりと読み取った上で、実現する内容や方法を説明しなければなりません。

また、実際にシステム開発を行っていくプロジェクトのメンバーとも常にコミュニケーションをとって意思疎通をし、情報を伝えていかなければなりません。

人と話し自分の意志や考えをわかりやすく説明しなければならない場面が多いので、必然的にコミュニケーション能力が磨かれていくと思います。

就業中の外出や間食などが割りと自由

会社によっては禁止されているところもあるかもしれませんが、比較的自由なところが多いです。

接客業など業種によっては飲み物を飲む時間でさえ制限がある場合もあるので、そういった面で融通が効くのはありがたいですよね。

調べる能力が身に付く

システムエンジニア(SE)として働いていると、システム開発をしていく上でうまくいかないことやわからないことが必ずでてきます。

周りに知っている人がいればいいのですが、そうでない場合は自分で調べなければなりません。

周りの人が知らなくても、Googleで調べるとわかることもあります。

単にGoogleで調べるといっても、検索ワードの決め方やサイトの選定など、調べる能力が身に付きます。

日常生活でもわからないことがあれば、自分で調べ有用な情報や正確な情報を得ることができるようになります

職業を聞かれたときにすごいと思われる

初めて会った人や久しぶりに会った友達などから職業を聞かれたときに、システムエンジニア(SE)であることを伝えると「すごい」と言う人が多いように感じます。

具体的な仕事内容を知っているわけではないのでしょうが、システムエンジニア(SE) = IT (またはパソコンを使う人)のようなイメージは多くの人が持っており、それだけで頭が良いなどのイメージに繋がるためだと思います。

システムエンジニア(SE)のデメリット

手錠をしてキーボードを使う人

続いて、デメリットについて紹介します。

システムエンジニア(SE)として働くことによるデメリットは大きく分けて5つあります。

忙しさが不定期

システムエンジニア(SE)は忙しい時期が不定期です。

決算月や年末、月末だから忙しいというわけではなく(多少はあるかもしれませんが)、主にプロジェクトの工程と進捗具合によるところが大きいです。

スケジュール遅延が発生すれば納期を守るために連日遅くまで残業したり、時には休日出勤をすることもあります。

システムエンジニア(SE)に限らずIT系は常に残業尽くしで忙しいというイメージもあるかもしれませんが、それは会社によりけりなので一概には言えません。

近年は働き方改革もあり、大手ベンダーでも中小SIerでもノー残業デーや有休取得率の向上を実施しているところが多いように感じます。

目が悪くなる可能性が高くなる

パソコンの画面が発するブルーライトは性質上、目の疲れに影響しやすいと言われています。

パソコンの画面を見ている時間が長いので、もちろんパソコンを使わないような職種の人と比べると目が悪くなりやすい可能性があります

以下のような対策で少しでもブルーライトの影響を軽減すると良いでしょう。

  • パソコンにブルーライト対策のフィルムを貼る
  • パソコンの画面の明るさを抑える
  • ブルーライト対策メガネをかける

運動不足になりがち

一日中座っているので、立ち仕事や営業などで外を出歩く人よりも運動不足になりがちです。

運動不足になると健康的にもよくありませんし、一日中座っていると腰を痛めやすくなります。

定期的にストレッチなどで体を伸ばしたり、休日には体を動かしたりする必要があります。

常に勉強しないといけない

IT業界は常に新しい技術が出てくるので、時代の流れに合わせて新しい技術を習得していく必要があります。

会社やプロジェクトの状況にもよるとは思いますが、時には業務時間外で自分で勉強しなければならない場合もあるでしょう。

目まぐるしく技術が進歩していくこの業界で学ぶことをやめてしまえば、どんどん取り残されていくことになります。

出張が多い

最後のデメリットとしては、出張が多いことではないでしょうか。

社内SEであれば当てはまらないと思いますが、基本システムエンジニア(SE)は出張が多いです。

出張のたびに朝早起きしたり、帰りが遅くなっても移動時間は就業時間に含まれないことがほとんどなので、通常の業務より長時間拘束されることになります。

長時間の移動は想像以上に体力を奪われます。

また長期出張ともなれば平日に家族や友達と会うことができなくなるので、出張をあまりしたくない人は出張の有無を入社する前に調べておく必要があります。

まとめ

システムエンジニア(SE)として働くことのメリットとデメリットについて紹介しました。

簡単にまとめておきます。

◆システムエンジニア(SE)のメリット

  • パソコンに関する知識が身に付く
  • コミュニケーション能力が身に付く
  • 就業中の外出や間食などが割りと自由
  • 調べる能力が身に付く
  • 職業を聞かれたときにすごいと思われる

◆システムエンジニア(SE)のデメリット

  • 忙しさが不定期
  • 目が悪くなる可能性が高くなる
  • 運動不足になりがち
  • 常に勉強しないといけない
  • 出張が多い

どの職業にも言えることだとは思いますが、やはり良い面もある反面、良くない面もあります。

これからシステムエンジニア(SE)を目指そうとしている人の参考になればうれしいです。

スポンサーリンク

おすすめ無料ゲームアプリランキング

管理人おすすめの無料ゲームアプリランキングです。

無料なのでぜひインストールして遊んでみてください!

放置少女

三国志の世界観をモチーフにした様々な美少女キャラクターが登場!フルオートバトルで放置していてもどんどん成長していくので、隙間時間や片手間プレイに最適です。お気に入りのキャラをみつけて装備を強化しどんどん育成していきましょう!

三国BASSA!!

お気に入りの武将を武器や覚醒ボードでカスタマイズできる爽快バトルRPGです!敵を一撃でふっとばす爽快感は病みつきに!?大人気ゲームの三國無双を彷彿とさせます。リアルタイム対戦で全国のプレイヤーとも対戦でき、やりこみ要素も充実してます。

アイアン・スローン

領土を広げ、英雄を育て、偉大な王国を作り上げるリアルタイムMMO戦略ゲームです!超キレイなグラフィックと戦闘のドキドキ感は確実にハマります。フレンドと協力もできるのでぜひ友達と一緒に遊んでみてください!

-システムエンジニア(SE)

Copyright© ぱぷりかの雑記帳 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.