システムエンジニア(SE)

システムエンジニア(SE)に英語力が必要な6つの理由

更新日:

アイキャッチ画像

近年、様々な業界で英語力の必要性が説かれていますが、システムエンジニア(SE)にとっても無関係な話ではありません。

しかし、いきなり

「システムエンジニアなら英語を勉強するべき!」

と言われても、実際にどんな場面で役に立つかわかりませんよね?

システムエンジニア(SE)として働いている僕が感じた、システムエンジニア(SE)に英語力が必要な理由は以下の6つです。

  • 問題に対する解決策を見つけることができる
  • 最新情報を得ることができる
  • プログラムを読む力につながる
  • 英語を公用語にしている企業もある
  • これから海外の企業との取引が増えてくる
  • 転職に有利になる

それぞれの理由について、詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

問題に対する解決策を見つけることができる

パソコンを扱っている人

システムエンジニア(SE)として働いている場合、システムを構築していく上で必ずと言っていいほど問題にぶつかります。

  • 導入したツールやミドルウェアが思ったように動かない
  • 機能を実現させるための方法がわからない

など、様々な問題にぶつかると思います。

そういった場合、調べて解決しないといけないのですが、英語の文献やページを読まないと解決しないときもあります。

海外の企業がつくった製品であったり、プログラミング言語のリファレンスであっても英語で書かれている場合があります。

英語で書かれている場合、英語が得意な同僚に頼むか、自分で翻訳しないといけませんよね?

快く引き受けてくれる同僚が周りにいればいいのですが、誰しもがそういった人が周りにいるとは限りません。

そのため、システムエンジニア(SE)として英語をある程度読めることは必須な能力になりつつあります。

最新情報を得ることができる

パソコンを扱っている女性

システムエンジニアは働きだしてからも常に勉強の毎日といわれています。

時代の流れと向き合い、様々な情報や最新技術について学ぶ必要性が出てくる場合があります。

しかし、最新技術に関する研究や調査は日本よりも海外のほうが圧倒的に進んでおり、そういった情報を学ぼうとした場合、英語で書かれた文献や記事を読むことになります

英語が読めるのであれば、そういった最新技術に関する情報を得ることが出来るので、仕事に生かしたり、自分自身のスキルアップに繋げることができます。

プログラムを読む力につながる

パソコンでプログラミングをしている人

システムエンジニア(SE)と言っても、実際にプログラムを読む機会はあります。

システムエンジニア(SE)として入社した場合でも、最初の数年はプログラマーとして働くパターンが多いです。

また、入社して数年たった場合でも、設計や調査をする際にプログラムソースを実際にみる場合もあります。

そういった時にも英語力は役に立ちます。

プログラムは、変数名やメソッド名など基本英語で名付けられることが多いので、英語力があれば一目見ただけでその機能、役割、意味を理解することができます

英語を公用語にしている企業もある

会議

大企業であれば、英語を社内の公用語にしている企業もあります。

いくつか例をあげると、

  • 楽天
  • ファーストリテイリング
  • シャープ株式会社

などが挙げられます。

もちろん、これらの企業でもすべての部署で英語を公用語にしているわけではなかったり、完全に英語のみっていうわけではないみたいですが、英語を公用語にしようと試みる企業は年々増えていっています

また、英語力を上げるために、企業全体として英語の研修を行う企業も増えています。

英語を公用語にすること自体、賛否両論であり、結果が出ているかと言えば正直微妙な感じではありますが、グローバル展開をしている企業であれば英語を話せるほうが重宝されるでしょう。

これから海外の企業との取引が増えてくる

会議2

今後、IT業界の傾向として海外企業との取引(オフショア)が増えると思われます。

海外の企業は日本の企業と比べ、エンジニアの単価が安く、それでもって技術力が高いエンジニアがどんどん増えています。

そのため、コスタダウンをし利益向上をさせるために海外の企業に仕事を発注する企業が増えています
(ベトナムやインドなど)

海外の企業と取引する場合、ブリッジSEの存在が重要になります。

ブリッジSEとは、言語の異なる企業間の取引を円滑に進めるために、言語やビジネス習慣を習得し、業務的な指示を行うエンジニアのことです。

現地のエンジニアとコミュニケーションをとる場合、世界的な公用語である英語が使われることが多いので、今後さらに英語を話せる人の需要が高まっていくでしょう。

就職や転職に有利になる

スーツ姿の男

英語を話せることは就職や転職にも有利になります。

特に大企業でよくみられるのですが、採用基準にTOEICの点数を設定している企業が増えています

また、ブリッジSEや外資系の企業への転職の場合にも有利になるでしょう。

グローバル展開をしている(または目指している)企業からすれば、英語を話せる人材は重宝します。

海外の企業との商談の場でも活躍できますし、通訳のような役割の人材が不要となるのでコストダウンにも繋がります。

エンジニアとしての専門的な知識を持ちつつ、英語を話せる人材はどこへいっても活躍できるでしょう。

まとめ

最後にもう一度おさらいとして、システムエンジニア(SE)に英語力が必要な理由をまとめておきます。

  • 問題に対する解決策を見つけることができる
  • 最新情報を得ることができる
  • プログラムを読む力につながる
  • 英語を公用語にしている企業もある
  • これから海外の企業との取引が増えてくる
  • 転職に有利になる

システムエンジニアが英語と関わる場面は想像以上に多いです。

また、英語の勉強は完全業務外での勉強となり取り組もうとする人が少ないので、IT業界全体で英語を話せるシステムエンジニアが足りていない状況です。

そのような状況で英語力を身に付けることが出来れば、重宝される存在となるでしょう。

スポンサーリンク

おすすめ無料ゲームアプリランキング

管理人おすすめの無料ゲームアプリランキングです。

無料なのでぜひインストールして遊んでみてください!

放置少女

三国志の世界観をモチーフにした様々な美少女キャラクターが登場!フルオートバトルで放置していてもどんどん成長していくので、隙間時間や片手間プレイに最適です。お気に入りのキャラをみつけて装備を強化しどんどん育成していきましょう!

三国BASSA!!

お気に入りの武将を武器や覚醒ボードでカスタマイズできる爽快バトルRPGです!敵を一撃でふっとばす爽快感は病みつきに!?大人気ゲームの三國無双を彷彿とさせます。リアルタイム対戦で全国のプレイヤーとも対戦でき、やりこみ要素も充実してます。

アイアン・スローン

領土を広げ、英雄を育て、偉大な王国を作り上げるリアルタイムMMO戦略ゲームです!超キレイなグラフィックと戦闘のドキドキ感は確実にハマります。フレンドと協力もできるのでぜひ友達と一緒に遊んでみてください!

-システムエンジニア(SE)

Copyright© ぱぷりかの雑記帳 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.