システムエンジニア(SE)

【2020年度】プログラミング教育の必修化による問題や影響を考察

更新日:

アイキャッチ画像

文部科学省の新学習指導要領(平成29年3月公示)で、2020年度に小学校でプログラミング教育が必修化することが発表されました。

数年前からプログラミング教育に対する関心が世間で高まってきていますが、実際にプログラミング教育が必修化することでどのような影響があるのか考察していきたいと思います。

スポンサーリンク

なぜプログラミングが必修化するのか

まず、プログラミング必修化の背景として、日本のIT人材不足が大きな原因となっています。

経済産業省が2016年に発表した「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果」によると、2030年には最大約79万人のIT人材が不足すると予測されています。

IT人材数の推移予想
出典元:IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果

今後、ビックデータやIoT、AI(人工知能)をはじめとする最先端IT技術が発展していき、IT業界全体の市場規模が大きく拡大していくことが予想されます。

それに伴い、IT人材の必要数も増えていくのですが、以下の理由からIT人材の増加が思うように見込めない状況となっています。

  • そもそも少子化という問題
  • 激務などの悪いイメージによるエンジニア職の不人気
  • 高齢のエンジニアの引退
  • 移り変わりのはやい最新IT技術を意欲的に学ぶ人の不足

こういった理由から、今後IT業界が拡大してく中で多くのITエンジニアが必要なのに、どんどん不足していくといった未来が予想されています。

そこで国としては、今後のIT人材不足を解消するために、小学校からプログラミング必修化を義務付け、未来の優秀なIT人材を確保しようとした動きがあります。

実際にどんな授業が行われるのか

プログラミングが必修化されると言っても、小学生の授業にプログラミング言語を入力していくような授業が組み込まれるわけではありません

そもそも小学生がプログラミングって、よっぽど好きな子ならまだしも一般的には難しいですよね(笑)

小学校でのプログラミング必修化の目的は、プログラミングができるようになることでなく、情報を活用し、論理的・試行的に考え、問題や課題を解決していく力を身につけることだと言われています。

この考えにはSEである僕も賛成で、小学生のときから、いろいろなことに興味を持ちしっかりと考えることができるようになるのはいいことだと思います。

文部科学省が公表している「小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について(議論の取りまとめ)」によると、小学校におけるプログラミング教育の授業方針は以下のようになっています。

  • 総合的な学習の時間:自分の暮らしとプログラミングの関係性を学ぶく
  • 理科:周りの電気製品にはプログラミングによって様々な条件で動くことを学ぶ
  • 算数:図の作成などで、プログラミング的な思考力と数学力を学ぶ
  • 音楽:創作用のICTツールを用いて、音楽づくりとプログラミングの関係性を学ぶ
  • 図画工作:自分で作ったものを動かすことで、新たな発想を生み出したり、異なる視点から作品の良さを学ぶ
  • 特別活動:プログラミング体験を通して、自発的に自己実現をしようとする考えを育てる

さらに詳細な学習内容については、今後議論されていくこととなっています。

▼プログラミングを学ぶことのメリットについて以下の記事も書いています。

プログラミング必修化の問題

プログラミング必修化について、いくつか懸念される問題があります。

  • プログラミング教育のできる教員の教育
  • 現在行っている授業との折り合い

それぞれ詳しく説明します。

プログラミング教育のできる教員の教育

一つ目の問題として、教員の教育があります。

プログラミング教育を行うためにはまず、教員がプログラミング教育をできるようになる必要があります。

教員がプログラミング自体(プログラミング言語を書いていく)をがっつりとできる必要はないですが、プログラミング的思考と、それを子供たちに伝える方法を学ばないといけません

また、実際に小学校で行われるプログラミング教育は、指導要領に基づいて小学校側で授業に取り入れるので、小学校によって教育内容に差が出ると思われます。

そのため、研修制度の確立や、教育方針による指導要領をさらに明確にする必要があるでしょう。

さらに、現在でも教員の長時間労働が問題視されているので、教員としての仕事に加え、プログラミング教育のための研修の時間を確保する必要があります。

現在行っている授業との折り合い

二つ目の問題として、現在の授業内容との折り合いがあります。

プログラミング教育が追加されるということは、その分の授業時間を確保しないといけません。

いままでの学習内容を保持しつつ、同じ時間でプログラミング教育も取りれないといけません。

そのためには、現在の授業カリキュラムを見直しどうやってプログラミング教育を取り入れるのか検討する必要があります。

プログラミング必修化による影響

小学校でプログラミング教育をすることで、得られる効果としては以下のようなことが考えられます。

  • 自分で物事を順序立てて考えられるようになる
  • 自分にもコンピューターを動かすことができるという自信を持てる
  • プログラミングに興味を持つ子供が増える

物事を順序立てて考える力自分に対する自信は、プログラミングだけでなく、一人の人間として生きていく上で役に立つものです。

小学校のうちに身に付けておいて損はないでしょう。

また、小学校のプログラミング教育を通して、プログラミングに触れたことをきっかけに、個人的にもっと学んでみたいと思ったり、将来IT関係の仕事に就きたいという考えを持つ子供が増えることも期待されています。

プログラミング必修化に対する世間の反応

プログラミング教育メディア「コエテコ byGMO」(コエテコ)と、私塾界が発行する「月刊私塾界」によるプログラミング必修化の意識調査において以下のような結果が出ています。

「2020年度から小学校でプログラミングが必修化されることを知っていますか?」

プログラミング必修化を知っているかのアンケート結果
出典元:コエテコ×私塾界 「プログラミング教育に関する調査」~プログラミング教育必修化の認知度は約半数~

2020年度から小学校でプログラミングが必修化することを知っている人は約半数にとどまりました。

プログラミングは専門性が高く自分には縁のない話と考える人も多いため、まだまだ一般的にプログラミング必修化について浸透していないと思われます。

「小学生にプログラミング教育は必要だと思いますか?」

小学生にプログラミング教育が必要かのアンケート結果
出典元:コエテコ×私塾界 「プログラミング教育に関する調査」~プログラミング教育必修化の認知度は約半数~

小学校にプログラミング教育が必要かどうかの質問に対しては、約半数の人が「わからない」と答えています。

また、「必要だと思う」と「必要だと思わない」を答えた人の理由には以下のような理由があります。

◆必要だと思う
「将来役に立つから」
「必要性を感じているから」
「小学区のうちから教育が必要だと思うから」

◆必要だと思わない
「小学校にはまだ早いと思うから」
「何をするのかよくわからないから」
「必要性が感じられないから」
「将来どう役に立つのかわからないから」

プログラミングに対して多少なりとも知識がある人は「必要だと思う」と回答し、プログラミングをほとんど知らない人は「必要だと思わない」と回答する傾向があると感じます。

国としては、2020年にプログラミングを必修化する前に、小学校のプログラミング教育を「必要だと思わない」や「わからない」と回答した人達に対して、プログラミング教育の内容やメリットを知ってもらう必要があるでしょう。

まとめ

小学校のプログラミング必修化についてまとめました。

現時点で具体的な授業内容がまだ決まっていませんが、教育の目的や方針を見る限り、僕は賛成派です。

将来立派なITエンジニアが増えてほしいというよりも、子供の頃から様々なことを学べるのはいいことだと思うので。

しかし、世間から反対されつつ2020年に実施するのではなく、しっかりと教育内容、目的、メリット、問題点の対策などを明確にした上で、実施して欲しいと思います。

スポンサーリンク

おすすめ無料ゲームアプリランキング

管理人おすすめの無料ゲームアプリランキングです。

無料なのでぜひインストールして遊んでみてください!

放置少女

三国志の世界観をモチーフにした様々な美少女キャラクターが登場!フルオートバトルで放置していてもどんどん成長していくので、隙間時間や片手間プレイに最適です。お気に入りのキャラをみつけて装備を強化しどんどん育成していきましょう!

三国BASSA!!

お気に入りの武将を武器や覚醒ボードでカスタマイズできる爽快バトルRPGです!敵を一撃でふっとばす爽快感は病みつきに!?大人気ゲームの三國無双を彷彿とさせます。リアルタイム対戦で全国のプレイヤーとも対戦でき、やりこみ要素も充実してます。

アイアン・スローン

領土を広げ、英雄を育て、偉大な王国を作り上げるリアルタイムMMO戦略ゲームです!超キレイなグラフィックと戦闘のドキドキ感は確実にハマります。フレンドと協力もできるのでぜひ友達と一緒に遊んでみてください!

-システムエンジニア(SE)

Copyright© ぱぷりかの雑記帳 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.