システムエンジニア(SE)

システムエンジニアは文系出身の未経験でもやっていける3つの理由

更新日:

アイキャッチ画像

文系出身でシステムエンジニアに興味がある方。

文系だからシステムエンジニアってやっぱり厳しいのかな?

なんて思う必要はありません。

システムエンジニアとして3年働いてみて感じましたが、文系出身であろうが理系出身であろうが未経験であろうが、たいして関係ないです。

僕の周りにはすごい仕事のできる文系出身の人達が多くいます。

そこで今回は、文系でIT未経験でもシステムエンジニアとしてやっていける3つの理由を説明します。

 

スポンサーリンク

理系だから出来る仕事というわけではない

会議の様子
システムエンジニアは理系の方が有利という認識が一般的かもしれませんが、実際に仕事をしてみるとあまり関係ありません。

仮に、プログラミング経験のある理系であれば話は別ですが、そうでない場合、理系が有利な部分はぶっちゃけパソコンの扱いに多少慣れていることくらいです。

パソコンの扱いに慣れているかどうかなんてのは、数ヶ月もすれば埋まる差ですので文系出身でも大丈夫です。

 

システムエンジニアの仕事を大きく分けると以下のようになります。

  • プログラミングやプログラムのテスト
  • システムの要件定義・設計
  • 顧客に対してシステムの仕様の説明
  • スケジュールの管理

 

入社してすぐはプログラミングやプログラムのテストをする場合が多いです。

4年生の理系学部を卒業した僕ですが、最初は全く意味がわかりませんでしたし、理系だからといってできることではありません。

最初はプログラミング言語が暗号のように見えたのを思い出します(笑)

その他の仕事も基本は考える力説明する力が重要となってくるので、理系であるメリットはほとんどないです。

システムエンジニアの仕事は入社前に身につけることがほとんどなく、実際に仕事をしていく中で、学び成長していくことがほとんどなので、文系出身だからといって不安になる必要はありません。

 

求められるのはコミュニケーション能力

打ち合わせの様子
システムエンジニアにとって最も必要なスキルはコミュニケーション能力だと思います。

  • 顧客とのコミュニケーション
  • チーム内でのコミュニケーション
  • 会社内でのコミュニケーション

 

上記のようにシステムエンジニアは人と関わることが多い仕事です。

もしかしたらシステムエンジニアは黙々とパソコンを触っているイメージがあるかもしれませんが、実際は全くそんなことないです。

 

顧客とのコミュニケーション

顧客とのコミュニケーションは、システムに何の機能を持たせるか決めていかないといけませんし、システム的に実現する場合の仕様の説明などもする必要があるので、欠かせません。

システム面に関する知識がない顧客に説明する場合であれば、わかりやすく言葉を選んで説明する必要がありますし、顧客に納得してもらう必要があります。

また、顧客の意図を読み取る必要もありますので、コミュニケーション能力は必須スキルとなります。

 

チーム内のコミュニケーション

実際にシステムを開発してく上でチーム内でのコミュニケーションも欠かせません。

チーム内での認識を統一させないと、間違った仕様のシステムになる可能性がありますし、開発する上での課題を全員で共有する必要がありますので、チーム内で定期的に打ち合わせを行うことは欠かせません。

顧客と決めた要件をチーム内のメンバーに伝えることもそうですし、チーム内のメンバーが発見した課題などを吸い上げるのもシステムエンジニアの役割なのでコミュニケーションはシステム開発を進めていく上でも必須となります。

黙々とみんなで作業するよりも、しっかりと意見を言い合って進める方がチーム内の雰囲気もよくなりますので、コミュニケーションは本当に大事だと思います。

 

会社内でのコミュニケーション

会社内で上司や先輩に報告する場面もあるので、しっかりと論理的に説明する力も必要になります。

仕事の現状の報告や、新しい分野に挑戦する際などの方針やメリットなどを論理的に伝えないといけません。

明確な根拠を伝えないと、相手は納得してくれませんので、会社内でもコミュニケーション能力は必要となります。

 

学ぶ意欲がある人は強い

世界と情報のつながり
システムエンジニアは常に学び続ける職業になります。

一度技術を習得したから一生その技術で仕事していくわけではありません。

情報技術は常に進歩しており、どんどん新しい技術がでてきます。

仕事上その新しい技術を扱うことになれば、勉強しなければなりませんし、新しい技術でなくても自分の扱ったことのない技術を使うことになれば勉強することになります。

僕の場合の例をあげると、はじめて携わったプロジェクトの使用言語はVB.netでしたが、次に携わることになったプロジェクトではJavaを使ったシステムのプロジェクトでした。

システムエンジニアなので、実際にがっつりとプログラミングをするわけではないですが、それでもプログラミング言語が変わるだけで、多少そのプログラミング言語の特徴について勉強する必要があります。

そのため、システムエンジニアは学ぶことに対して意欲がある人のほうが向いていると言えます。

文系でシステムエンジニアを目指している人であれば、一般的に不利と思われがちな職種に挑戦しようと考えている人なので、理系より学ぶ意欲が高いのではないでしょうか。

その点からすると、逆に文系出身の人のほうが有利になるかもしれません。

 

まとめ

今回は、システムエンジニアが文系出身でもやっていける理由についてまとめました。

自分は理系からシステムエンジニアになりましたが、本当に文系理系関係ないなと感じています。

コミュニケーション能力が大事と書きましたが、コミュニケーション能力がない人はシステムエンジニアにならない方がいいというわけではありません。

コミュニケーション能力も仕事をしていく上で身につきますので、システムエンジニアになる前の能力がどうこうというよりも、実際にシステムエンジニアになってからどれだけ成長できるかがポイントになります。

文系だからシステムエンジニアはきついのかな…と思っているそこのあなた。

そんなことはありませんので、興味があるのであればぜひ挑戦してみてほしいです。

スポンサーリンク

おすすめ無料ゲームアプリランキング

管理人おすすめの無料ゲームアプリランキングです。

無料なのでぜひインストールして遊んでみてください!

放置少女

三国志の世界観をモチーフにした様々な美少女キャラクターが登場!フルオートバトルで放置していてもどんどん成長していくので、隙間時間や片手間プレイに最適です。お気に入りのキャラをみつけて装備を強化しどんどん育成していきましょう!

三国BASSA!!

お気に入りの武将を武器や覚醒ボードでカスタマイズできる爽快バトルRPGです!敵を一撃でふっとばす爽快感は病みつきに!?大人気ゲームの三國無双を彷彿とさせます。リアルタイム対戦で全国のプレイヤーとも対戦でき、やりこみ要素も充実してます。

アイアン・スローン

領土を広げ、英雄を育て、偉大な王国を作り上げるリアルタイムMMO戦略ゲームです!超キレイなグラフィックと戦闘のドキドキ感は確実にハマります。フレンドと協力もできるのでぜひ友達と一緒に遊んでみてください!

-システムエンジニア(SE)

Copyright© ぱぷりかの雑記帳 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.